医療脱毛の回数は毛量や部位によっても変化します

医療脱毛の回数は毛量や部位によっても変化します

医療脱毛はいったいどのくらいの回数でつるすべの肌が手に入るのでしょうか?医療脱毛は費用も高いですから、できるだけ少ない回数で済ませたいですよね。ここでは、医療脱毛の本当に必要な回数をチェックしてみましょう。

 

医療脱毛で満足できる仕上がりになるには

医療脱毛は、毛周期に合わせて2か月おき、3か月おきなどに通い、1年で5〜6回通うのが標準的です。
医療脱毛は、1回目の施術でも、1週間から10日目で毛が抜けていきます。人によって抜けないという人もいますが、多くの場合、ポロポロと抜け落ちます。そして、5回〜6回通い、期間にして1年くらい経つと、自己処理をほとんどしなくても問題がない肌になります。

 

今から通えば、1年後には自己処理不要になるということですね。でも、本当のつるすべ肌になるには、もう少し回数が必要です。

 

医療脱毛で本当につるすべ肌になるには

医療脱毛で、本当にムダ毛のないつるすべ肌になるには、10回〜12回と言われています。2ヶ月おきに通うとして、2年くらいすると、一生自己処理不要の美肌が得られることになりますね。

 

ただし、毛量が多く剛毛の人は、もう少し回数が必要になります。毛根がしっかりしていて、1回の照射で十分にダメージを与えられないことがあるからです。回数の目安としては、一般的な人がつるすべ肌になる頃、自己処理不要になると考えておけば良いでしょう。

 

医療脱毛の仕組みと回数

部位によっては、同じように施術しても長くかかる場合もあります。これは、毛量や毛の生え変わる毛周期など、さまざまな要因によります。脇などは、毛が太く、痛みを感じやすいですが、定期的に通うとそれに応じた効果が得られます。その反面、毛が細い腕などは、意外に回数がかかるということも起こります。ですので、最低5回か6回は通うつもりで、さらに、足りないところをプラスするつもりでいると、しっかり効果が得られるでしょう。

 

また、痛みを用心して初めに出力を下げてもらうこともできます。ストレスなく施術を受けることは大切なことなので、出力を下げるのは悪いことではないのですが、その分、初回の効果を実感できないという人もいます。出力を下げて始める人は、その分、回数を上乗せして考えておいたほうが良いですね。

 

このように、通う回数は、部位や出力によって変わってきます。医療脱毛を始める際には、自分の毛量が標準か多いかを見極め、必要な回数とかかる期間の予想を立てておくと、予算も立てやすくなります。
クリニックによっては、初めから2か月おきの固定、徐々に間隔を開けていくなど、決められている場合もあるので、無料カウンセリングの際にチェックしておきましょう。

 

>>関西で人気の脱毛クリニックはこちら<<

page top