医療脱毛の痛みを軽減する方法

医療脱毛の痛みを軽減する方法

医療脱毛は効果が高いと聞くけれど、同時に痛みも強いと聞いて、ためらっているという人もいると思います。
でも、痛みを軽くする方法もありますし、脱毛効果の高さはやはり魅力です。ここでは、医療脱毛の本当の痛み方と、痛みの軽減の仕方をお伝えしましょう。

 

医療脱毛の痛みとは

医療脱毛はパワーがあるので、その分痛みが強いのが普通です。痛み方は、個人差が大きいので一概に言えませんが、以前は、輪ゴムでパチンとはじかれるような痛みと熱さがあると、よく言われていました。痛みを強く感じる場合、照射の瞬間にビクッと体がはねるほどという人もいたほどです。

 

ただ、最近は痛みを軽減する最新マシンが増えているので、以前よりも痛みが軽減されていますから、あまり心配しなくて良いでしょう。

 

また、部位や肌の色、毛の太さと色によってもレーザーの反応が違ってきます。痛みが強くなるのはこのような場合です。

 

  • 太い毛
  • 濃い毛
  • 肌の色が濃い
  • 肌が敏感な部位(脇、VIO、ひげなど)
  • 肌が薄い部位(足首、すね、膝など)
  • 乾燥肌
  • 生理前や体調不良の時

 

肌が白い人でも、ワキなどが自己処理で黒ずんでいると、レーザーが濃い色に反応し、痛みが出てしまいます。反対に、毛が薄く毛量が少ない人は、どの部位でも痛みが少なくて済みます。

 

ただ、ずっと痛みが続くわけではありません。毛量が多く、しっかり根付いている初回が、いちばん痛みが強く、回数を重ね、毛量が減ってくると、痛みも減っていきます。

 

医療脱毛の痛みを軽減する方法

最新のマシンは、照射の瞬間にマイナス温度に下げる機能がついています。そのために熱を感じず、痛みもやわらぎます。また、施術の前後にひんやりするジェルを塗るのも効果的です。

 

ただし、痛みは個人差が大きいものです。上記に挙げたように、毛の状態や部位、体調によっても変わってきますし、痛みの感じ方は人それぞれです。ほかの人ができているから我慢しなければと無理してしまうと、通院がつらくなってしまいます。

 

痛みが我慢できない場合は、スタッフに相談し、出力を下げてもらうなど、配慮してもらいましょう。慣れてきたら出力を上げられることもありますから、無理をしないことが大切です。

 

クリニックによっては、笑気麻酔を使用することができます。口や鼻から麻酔を吸い、意識がぼんやりとするというものです。完全に痛みが感じられないわけではありませんが、痛みがやわらぎます。

 

また、もともと痛みに弱いという自覚がある人は、事前に試し打ちをしてもらうと良いでしょう。無料カウンセリングの際にお試しを受けておくと、安心できますね。

 

 

>>関西で人気の脱毛クリニックはこちら<<

page top